S.Sに捧げる

『この世界』



鳥は飛びながら

空を描いていく

魚は泳ぎながら

海を描いていく

子供は眠りながら

夢を描いていく

そして夢の終わったところに

ぼくらの世界がはじまる



いつまで続くのだろう

ぼくらのこの世界は

さみしい者どうしが

傷つけあう世界は


冷めたほほえみと

こらえた涙で

確かめあうのだろう

ひとりでは

ないと

.
.
.