読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落差

※まずは2014年3月30日の日記 ↓ を読んでいただいて・・・


※私のアパートの隣室。
2010年から空き部屋だったのだが
先日帰宅したら窓にカーテンがかかってた。
入居者が決まったらしい。
入居条件は

駐3150円 町内会費300円
フリーレント1ヶ月 1年以内の退去は違約金あり・学生のみ

・・・だから学生さんなのだろう。
G大の学生さんかな・・・
とにかく静かに暮らしてくれる人だといいな。
以前の隣室の住人は・・・自分が入居する前から住んでいた
女性だった
毎週末にはごっついクルマで彼氏?がお泊まりにきていた。
ま、なんでもいいが静かにしてほしいものだ。

私も深夜のギターつま弾きを自粛する。




f:id:vulnerby1958:20140330025457j:plain


で、7月26日の日記(^_^;


金曜の朝、仕事に行くのでクルマにのり発進しようとしたら
同時に角を曲がってワンコガ現れた
散歩中の大家さんのわんこ、HANAちゃん(紀州犬 ♀ たぶん9歳)
夏休みの高校生のお兄ちゃんと一緒のHANAちゃん、それでも
運転席にいる私をちゃんと認識している
以前何回か散歩しただけなのに
まっすぐこっちを向いて連れて行こうとするお兄ちゃんに逆らいながら
輝いてまん丸の眼しっぽふりふり
う~時間があればクルマ降りてなでなであいぶ愛撫してあげたのに
時間なく残念ざんねん

f:id:vulnerby1958:20100204121500j:plain

そして夕方帰宅し駐車場。
クルマの横を歩いて行く若い男性
ピンときた 声をかける
「あのもしや隣の部屋に越してきた方でしょうか?」
男性はこっちを見ないで足早に立ち去ろうとしている

曰く
あそうです引っ越してきたのは自分です

「あ、私 隣の Txx と申します、ご挨拶が遅れて失礼いたしました  
 いまのところそちら様に何かご迷惑をおかけしていることは
 ありませんでしょうか?」

曰く
あ大丈夫ですよ

「そうですか、遅ればせながら今後ともよろしくお願いいたします。」

曰く
あ はい

10秒ほどの会話

あちらは名乗らず クルマに乗り込む

3月からの隣人の顔を見るのも話すのもはじめて
こちらから声をかけなければたぶんこちらを無視していただろう
早朝の騒音で迷惑もしているのだが

朝のHANAちゃんと 夕方の隣人の落差が大きすぎる

おおきすぎる