読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ギター

アコギ

連休の朝恒例の夜明け前~夜明けまでのギター弾き
公開でライブをするのもいいのだが
こうして一人夜明け前にひとりつま弾くギターに癒される。

_____________________________


『このギターは』
2008年のmixi日記より


クリーニング屋さんに依頼したスーツを取りに行った。

店舗兼住居のお店である。

ふと見ると奥に応接用のテーブルと椅子があり

壁にギターがさげてあった

国産の古いギターらしい

ウンターの奥さんに声をかけた

あのギターもしかしたら、高く売れるかも知れませんよ
いま、国産の古いギター結構人気ですから、と
先日親戚の息子にあげたギターを引き合いにだして説明した。

奥さん曰く、あれは息子の形見です。
7年前に35歳で亡くなりました。
ギターはいっぱい持っていてライブもしていましたけれど、
あのギターは息子がいちばん弾いていたもので
自分の結婚式でもそれを弾いて歌ったりしたギターです。

あ  あ  
そうとは知らず、失礼しました。
そんな辛いこととは知りませんでした。
お金には換算出来ませんよね
いつまでもそばに置いとくものですね、
すいません、よけいなこと言って

いいんですよと奥さんは答える

ではまたと、店を出る

形見のギター
弾く人もなくても
無音の思い出を奏でながら
枯れていく

もし、私が死んだら、ギターは形見として
姪っ子たちが持っていて欲しい

ギブソンは、一番上のお姉ちゃんに

テイラーは、二番目のお姉ちゃんに

モーリスもしくは松岡ギターは三番目のお姉ちゃんに

どっちか余ったらそのボディに私の写真をはって
飾っておいて欲しい


_____________________________


画像はますますクラック(塗装のヒビ)が増えたJ-45


f:id:vulnerby1958:20131117043718j:plain