読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスタキに関する記事など

http://paul-ailleurs.blogspot.jp/2011/10/georges-moustaki-parle-de-sa-maladie-et.html


La sagesse du faiseur de chanson (2011) 「歌書き屋の智慧」

彼の 「祖国」 とも言えるサン・ルイ島のアパルトマンに今でも住んでいる。
最初に集中治療室に運ばれた時はそのまま死ぬかと思ったが、そうはならなかった。
体は弱り40年間毎日のようにやっていた卓球もできなくなっている。
よくなる見込みがないにも拘わらず、気持ちはしっかりしているという。
病気になると、心に触れる友情にはこれまで以上に敏感になり、
家の中で目にすることもなかった、例えば、昔よく遊んだチェスなどを再発見することもあった。

http://sachi588yuu8reoharu.seesaa.net/article/363249983.html

↑ムスタキ氏の死去について、フランスのオランド大統領が
・これまで愛され続けてきた彼の曲は今後、何世代にもわたって
 フランス人の心に刻まれるだろう・
との声明を発表するなど、

各方面から死を悼み、功績をたたえる声が上がった。


http://chanson-museum.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-7.html

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20120611100842356_ja

http://blog.ergose.com/?p=21

http://hw001.spaaqs.ne.jp/otherleaves/voice_2/m02_015.htm

http://esperanzasroom.blogspot.jp/2013/05/blog-post_6490.html

http://chansonzanmai.blog27.fc2.com/blog-category-26.html

http://matsumotoponta.blog.so-net.ne.jp/2011-08-17

http://discessay.zxq.net/?p=465

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=NxaFKsxRQN8
(これムスタキの作品か?)

http://www.yasumaroh.com/?p=3391

http://cazorla.exblog.jp/8382303/

http://blog.oricon.co.jp/tokui-ten/archive/299/0