Moustaki

いや わたしはひとりぼっちではない わたしのこどくとふたりだから



すべての生は楽しむために  すべての死は憩うためにある



ニコラとバートよ、あなた方の死はあなた方の勝利なのだ



君は僕が革命や愛について歌うのは間違っていると言うだろう

正しいか 間違いか それは歌を変えることにはならないんだ

ありのままの歌を君にあげる  それを君の好きなようにしていいんだよ



____________________________________




ムスタキのシャンソンは高校生の頃TVドラマの主題歌として出会った。
ムスタキは当時ほぼ1年に1枚アルバムを発表していたものだ
彼の新しいアルバムを心待ちにしていた。
家族もなくてぷらぷらと職を変えて生きていたあの頃
もちろんお金もなく、電車賃もなく渋谷から下北沢まであるいた雨の日
深夜のアパートで今夜はムスタキのどのアルバムを聴こうかと
・・・そんな毎日だった・・・
安いウイスキーをあおりたばこを吸いムスタキを聴き続けた
友達もなく恋人もいなかった
その日々を決して無駄とは思わない

ムスタキは死んだ




ムスタキの




シャンソンは




死ぬことはない