2月17日 日曜日

実家にいったら久しぶりなことに姪っ子全員集合していた。

壱号機はちょっと遅いけれど彼にプレゼントするチョコとクッキーを作り終えたところ。

弐号機は外出するのでお化粧に余念なし。

参号機ははその間で英語の勉強。

壱号機((22才)はこたつの自分のとなりにおじちゃんを座らせ
いつものようにおじちゃんをどつきながら彼氏にあげるチョコクッキーを袋詰めにしている。

壱号機曰く

「おじちゃんて、なんかかわいい。」

(^_^;

化粧中の弐号機(20)
参号機の英語のテキストをみて

「おじちゃん、similar ってどんな意味?」

と聞いてくるので答える。

「かんたんじゃん人名だよ

 similar けん。」

弐号機わははと笑ってすぐににらむ。

ま、中学の英語くらいは何とかまだ忘れていないのだな。

参号機はこの次の日曜日が誕生日

14才になるでかくなった女の子らしくなっためでたいぞ

めでたいな

この三人には幸せになってほしいと

あらためて強く思った。

みんな、あいしているよう!!




(=´ー`)ノ



画像はおじちゃんにプレゼントされたクッキーとチョコ。


f:id:vulnerby1958:20130217160911j:plain